美活

【腸美活!】たまった汚れをはがしましょう【ノンケミカルです】

こんにちは。りんごです。

新型コロナ対策でテレワーク、外出自粛要請で

ひきもってから約三週間。

 

ずーーーっと食べてませんか。

お腹が空かなくてもなんだか食べてます。

 

このままだとヤバイ。

身体が重い・・

 

でも運動はしたくない。

ダイエットはムリ。

 

そんなときは、

動かなくても身体をキレイにする方法があります。

 

日本古来からある

ファスティング&デトックス方法、

梅湯流しです。

 

おこもり中が最適!腸内デトックスのススメ。

宿便 = 腸のよごれ

溜め込んだ老廃物を出しましょう!

 

ファスティング&デトックスの方法は無限。

ググればオサレなものがたくさん出てきますが、

超・超オススメは梅湯流しです。

 

ざっくりいうと、

ファスティング(断食)のあと、

デトックス(梅湯と野菜のたわしで腸壁を洗う)

そんなイメージ。

 

お金はかからないし、なによりノンケミカルです!

 

梅湯流しのやり方

準備するもの

  • 梅干し8コ (しょっぱいもの・✖はちみつ漬け)
  • 季節の野菜 (大根・キャベツ・人参・セロリなど)
  • みそ・塩 (野菜につける)

流れ

三食抜きましょう。

オススメは前日の夕飯~朝食~昼食

最初の食事を抜いてから、

24時間後くらいから始めます。

その間、お水・白湯を十分にとってください。

断食がおわったら、梅湯をつくりましょう。

1.5リットルに梅干し8コを入れて、

つぶしながら、5分ほど火にかけます。

野菜を切る

適当な大きさ。

大根・人参ならスティック状に切ると食べやすくて

みそも付けやすいですね。

はじめましょう!

まずは梅湯をどんぶり1杯くらい飲みます。

そのあと、野菜にみそをつけて食べます。

交互に飲んで食べてをくりかえす。

 

40分くらいするとお腹がゴロゴロ…

便意を感じるので、

トイレにGOです。

 

便意は3回~4回あり、

そのあとウソみたいにピタ!と止まります。

 

梅湯を飲む → 便意止まる まで、

2時間~3時間です。

アフター

できれば同じ時間をかけて、

身体にやさしい食事から普通のごはんに戻してください。

 

スープ・ヨーグルト・豆腐などがオススメ。

いきなり揚げ物・刺激物は控えてくださいね。

梅湯流しのメリット・デメリット

メリット

  • 身体が軽くなる
  • 顔のむくみがとれる
  • 肌がワントーン明るくなる
  • 睡眠の質があがる
  • アタマがすっきりする
  • 後日のう○ちが黄金色(マジで)

デメリット

  • お腹がすく
  • 時間がかかる

腸は第二の【脳】と実感

半年に1回、計4回やってみて3勝1敗です。

1度の敗因は便意が来なかったんですよね。。

 

あと断食中にちゃんと水分をとらないと

頭痛がしますので(経験あり)

まめにお水を飲みましょう。

 

これはライトなほうの梅湯流しですが、

やはり断食後は疲労感が残ります。

 

がーーーー、

 

それ以上に腸内がキレイになったことの

幸福感と達成感がそれを軽く超えてきます!!

 

また、せっかくキレイにした腸を汚したくなくて、

ジャンキーなものが欲しくなくなりました。

ほんの一時的ですが・・

 

これは腸が第二の【脳】と言われてることと

つながるのではないかと。

 

詳しくはありませんが、

【脳】が腸に指令を出しているのではなく、

腸が【脳】に指令を出しているそうなんです。

 

これだけでも腸内環境の重要さがわかります。

 

といっても、数日後には手にポテチ。

でも汚れがたまってきたなぁと感じたら、

また出せばいいんです!

外出自粛の今こそベストタイミング!

 

仕事をしていると、

なかなかこの時間を作り出すのが難しいです。

休前日は飲み会があったりして。

なので今がベストタイミング!

 

1カ月に一回とか美意識の高い方もいますが、

個人的には半年に一回でも十分と感じます。

ゆるーりです。

 

腸がキレイになれば肌もキレイになる。

肌がキレイになれば気持ちもあがる。

高い化粧水より断然!価値があります!!

 

とても簡単に、

お金もほぼかからず、

ノンケミカルで出来ますのでね。

 

ぜひおためしください。

 

りんご

ABOUT ME
りんご
More りんごです。 50代になり、子育ての先が見えたと引き換えに親が高齢に。心配のタネがつきないけど、自分もキレイにしていたい。見た目も中身も上品に歳を重ね、7割美人が目標で日々思考し実践中。※美魔女は10割美人です